2015-04-16

Levi Pata|faces, from a small room


5/7(木)より、リーバイ・パタ個展『 faces, from a small room』をALにて開催いたします。

約1年ぶりの来日となる今回。本展は初の作品集 『小さい部屋から from a small room』(HeHe刊)の発売を記念しての展示第1弾となり、 5/22(金)6/6(土)は第2弾となる展示voices, from a small room』を六本木chic space by YKGにて開催致します。 ALでは前回同様、会場の一角をアトリエにして作品制作を、また5/17(日)にはライブペインティングを行う予定です。

皆様お誘い合わせの上ぜひご来場ください。


リーバイ・パタ個展『faces, from a small room』
2015
57日(木)—520日(水) 会期中無休
開廊時間:12:0019:00
入場料:無料
会場:AL  1F main space  東京都渋谷区恵比寿南3-7-17-1F
TEL:03-5722-9799

オープニング・レセプション:57日(木)18:0020:00
ライブ・ペインティング:517日(日)14:0015:00  Admission Fee: 500 予約不要




前回の東京での個展からこの一年間は、それまで計画していた事が台無しになったり、大切な人達との別れがたくさんあった。突然起こった環境の変化によって、借りていたアトリエを手放す事となり、原点に戻らざるを得なくなった。小さな部屋で下を向いて、少し暗い明かりと限られた色を使って絵を描いている。広々とした場所で、距離をおいて絵を眺める事ができなくなった分、僕の顔と体は、ひとつひとつの作品と近くなり、再び出会う事ができた。
僕は月の存在に大いなる安らぎを感じる。月も星もない夜は、自ら光を作り出す必要がある。その必要性から、これらの作品がでてきたように思う。猫が、道端の日陰の中にぽつりとある暖かい陽のあたる場所を探し、そこで寝るのと同じようにして、この2つの展覧会ができあがった。
生きているものについて考える時、僕はどこかよそよそしい西洋の考え方だけではなく、今僕の中で広がりつつあるネイティブ・アメリカンとしての見方でそのものを見る。それは、そのものの霊的存在の物質としての表現を、独特なエナジーのかたまりとして捉えなければいけないという事だ。
僕の種族の言葉で、月を“チョナシュ”、「色のないもの」と呼ぶ。蝶は“ボールボロック”、「そっとするもの」と呼ぶ。日本語では、顔の各部位を指す言葉は植物や実の名前から成り立っている。ただ識別する目的だけではなく、古い言葉はものの形の真実を表している。
今回の展示は、暗闇からひとつ、またひとつと現れる作品でまとめた“faces, from a small room”と、どこか幼少期の温かい空気感を帯びた抽象作品からなる“voices, from a small room”の2部構成となる。
作品の全ての形は、僕自身と同じく小さい部屋からやってきた。あらゆる言語で話す事もできるし、相手が必要なときは静かに待っている事もできる。



from a small room
Since my last exhibition in Tokyo, the past year was full of complete separation from previous plans and people I loved. This sudden changing of circumstances also took me out of my studio and physically brought me back to the beginning-- painting and drawing while looking downward in a small room at home, with less light and fewer colors. Without being able to stand back from the pictures, my face and body became very closely acquainted once again with each of these works as they were being made.
 I am one who finds great comfort in the presence of the moon. On some nights, however, the sky is without stars and moon both, so we must create our own light in order to see. I believe these works to have come out of that necessity … collected in the same manner a cat finds a warm circle of sunlight on a shady side street in which to sleep. 
In considering any sort of living form now, I not only look at it in a distant Western sense, but from my growing Native perspective, I now must also begin to address its unique concentration of energy as a physical expression of its spiritual being. 
In my Tribe's language, the moon is "conał," or, "the albino." The butterfly is "bōlboloq," or, "does something softly." In Japanese, the words for each part of the human face all derived from parts of a plant and its fruit. Rather than becoming mere labels, these old words still radiate the truth of their corresponding forms.
Beginning with "faces, from a small room," those who began to come one-by-one out of the darkness will compose the majority, followed by their warmer, more abstracted counterparts in "voices, from a small room."
All of the forms here have come from a small room because I have as well. 
They can speak in any language, or can wait silently if only company is needed.


Levi Pata|リーバイ・パタ
1985年、ホリスター(カリフォルニア、アメリカ)生まれ。2004年、カリフォルニア・パラダイスからサンフランシスコへ移住。2008年、City College of San Francisco卒業。2009年春から2011年夏まで、東京を拠点に活動。現在、サンフランシスコに戻り、制作活動をおこなっている。個展に、2011年「鳴り響く銃声とギリシャの音楽」(FOIL GALLERY、東京)、2012年「IT HURTS TO LET YOU GO」(Kokoro Studio、サンフランシスコ)、2014年「MOON SON」(AL、東京)など。













■会場にて販売いたします■
リーバイ・パタ作品集 『小さい部屋から from a small room


20154月下旬より発売
デザイン:川内圭介
定価:2500円(税別)
判型:A5判変形(200×150mm
ソフトカバー/80ページ
テキスト:日英
ISBN978-4-908062-06-3 C0071
発売元:HeHe