2019-08-30

中川ワニ珈琲教室 9月「淹れなそん、飲んでとく+コーヒーも自分の味を作りましょう」


今年3回目の中川ワニ珈琲教室では、
慣れ親しんだ食べものに地域性やお家の味があるように
コーヒーを何となく淹れるのではなく
少し意識を自分の味を作る方に向け今回はレッスンしたいと思います。
どんな、コーヒーか出来上がるのか???
ワニビーカーを使って皆さんで楽しみたいと思います


開催日

9月14日(土)
昼 
11:00~14:00  キャンセル待ち
夜 
16:00~19:00

レッスン内容 
コーヒーを淹れて楽しんで飲む会

持ち物
筆記用具 珈琲を淹れる道具はこちらでご用意しております。
 もし、普段使い慣れたポットやドリッパーが良ければそれをお持ち頂きお使い下さいませ。

≪定員≫
各10名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。

参加費 
4,000(税込)
当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


■珈琲豆予約販売
当日参加される方に限り珈琲豆を予約販売致します。

豆は200g :1,300円(税込)です。 購入希望の方はお申込みの際に希望数量を明記してください。 当日、参加費とは別に現金のご準備をお願い致します。



≪お申込み≫
件名に「中川ワニの珈琲教室9月 」と必ず記載し、
ご希望の時間帯 (昼11:00~/夜16:00~のどちらか)、
お名前、連絡のつきやすい御連絡先(携帯番号など)を明記の上 


yoyaku@al-tokyo.jp
までメールにてお申し込みください。 追って確認のメールを致します。


※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
※携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。 申込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。


PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 予約の可否に関わらずメールの返信はしておりますので 、3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合は、 お手数ですがお電話にて確認ください。


eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。 ※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。 ※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。 ※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。



≪場所≫
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-5722-9799
http://www.al-tokyo.jp accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、アイマークゲートビル(1F ファミリーマート)の真裏です。
※駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。






2019-08-20

澤寛 展覧会「亡き者たちの記憶と踊る」


この度、澤 寛 展覧会『亡き者たちの記憶と踊る』をALにて開催いたします。

澤寛は2018年にALにて「RAPTURE」を発表し同名写真集を刊行の後、
同年NHKドラマ「ワンダーウォール」の写真展をALにて開催し写真集「WONDERWALL」を刊行、
さらに京都大学学生寮である吉田寮をモチーフとした、場所の記憶をテーマにした写真展「POLISH」を
旧京都市立誠小学校内立誠図書館の壁面にて発表し、同名写真集を刊行。
また、2019年のKYOTOGRAPHIE KG+では「RAPTURE」の巡回展が開催され、
同年5月には「Heavens of Light ,Planet of Solitude -ある星、地上の孤独」をALにて発表、
同名写真集を刊行するなど、精力的に作品を創出・発表し続けています。

本展では、新作写真と共に、澤寛が執筆した「目眩」「焚書」「死人は梔子」「迷信」「光」「死に際の出来事」「発芽」の各タイトルから成る文章で構成された作品を発表いたします。
澤寛の視線から抉り出される現代社会の光と影、そして、ものの記憶にまつわる考察、澤寛が紡ぐ写真と文章の世界が、今と未来の距離を感じさせるのです。十数年の間、キャラクターデザインを通して映画という物語に捧げてきた澤寛の眼差しをこの機会にぜひ御高覧ください。


澤 寛 / sawa kan 「亡き者たちの記憶と踊る
会期:2019年8月30日 [金]  - 9月8日 [日]
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:00〜19:00 会期中無休 入場無料
電話:03-5722-9799

【会期中イベント】
オープニングレセプション:
 830日 () 18:00-21:00

※会期中のその他のイベントは決定次第ホームページ・SNSにて発表いたします。

<展覧会概説>
誰かの顔が燃えている。
誰かの顔を燃やすことと、その肖像を燃やすことは何が違うのか。
誰かとその彫刻は何が違うのか。
その熱が目の前まで迫っている。
眼の見えないふりをして、鼻が利かないつもりの私たちは、今も誰かが燃やされていることを知らない。
今、この時も、街が焼け焦げ、心が燃え尽き、誰かの顔が燃やされている。

(澤寛『焚書 -亡き者たちの記憶と踊る-シリーズより)


PROFILE | 澤 / Kan Sawa
2005年より映画作品にて、三池崇史、大友啓史、陳凱歌、福田雄一、石井聰亙、園子温らの監督作品へ、衣裳デザイナー、キャラクターデザイナーとして、澤田石和寛名義にて参加。映画『十三人の刺客』(2010)、『パンク侍 斬られて候』(2018)にてアジアンフィルムアワード ベストコスチュームデザイナーにノミネート。主な作品は、「るろうに剣心」三部作、「Caight In the Web」、「秘密 THE TOP SECRET」、「蜜のあわれ」、「ANTIPORNO」、「ひそひそ星」、「TOKYO VAMPIRE HOTEL」など。映画監督によるミュージックビデオへの参加作品にAKB48「僕たちは戦わない」、吉川晃司「SAMURAI ROCK」、前田敦子「SELFISH」などで衣裳デザイン、キャラクターデザインを担当。
広告ではBLACKBERRY <SAMURAI>、宝島社<樹木希林 死ぬときくらい好きにさせてよ>KDDI<au三太郎シリーズ>FUJITSU ARROWS <割れない刑事シリーズ>など数々の企業広告に参加。 
演劇では、2018年東京芸術祭メインアクトであるジョルジョ バルベリオ コルセッティ演出「野外劇 三文オペラ」のほか、本谷有希子、紀里谷和明らの演劇に参加している。
写真と並行し、ショートフィルム「VERY」、「THE WITCH, DEMONS, AND THE ELFKING —魔女と魔王と悪魔たち—」、ミュージックビデオ「CONFUSION THE LIVE」を監督。

 2018年より作家名を澤寛(Kan Sawa)とし、作品の発表を始める。悲劇に見舞われ、整形で顔を変え、それでも生きる女性を神秘的に撮り下ろした「RAPTURE」をALにて発表したのを皮切りにKYOTOGRAPHIE KG+でも開催。NHKドラマ「ワンダーウォール」ではキーヴィジュアルの撮影とポスタービジュアルのディレクションから写真集の制作までを請け負う。築100年を越す学生寮の記憶を撮りためた「POLISH」を旧京都立誠小学校内立誠図書館壁面にて発表し、2019年世界中で撮りためたスナップと自己の記憶を重ねることで、自己と記憶を揺さぶる媒介をテーマにした「HEAVENS of LIGHT,PLANET OF SOLITUDE」をALにて発表。

2019-08-01

永瀬沙世 個展「MERRY-GO-ROUND」


この度ALにて、永瀬沙世 個展「MERRY-GO-ROUND」を開催致します。
毎年コンスタントに作品制作を続け、今作で11作目の発表となる、永瀬沙世。
本展開催に併せ限定300部の写真集も作成。
会場にて作品とともに展示および先行販売致します。
皆さまのご来場、ご高覧をお待ちしております。




永瀬沙世MERRY-GO-ROUND
会期:2019年8月1日 [ 木 ] ‐ 8月18日 [ 日 ] 火曜日定休
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:0019:00 入場無料
電話:03-5722-9799
祝花などは固くお断りいたします。


「世界を創造するインスピレーションは無限に回る、遠心力で未知の世界へ」をテーマに制作された本作『MERRY-GO-ROUND』。

天国や楽園を想起させるイメージは、ハワイの海辺、日本の雪山などで撮影されました。
約1800枚の中から厳選された写真とともに動画インスタレーションも織り込んだ展示構成にて本作を発表致します。

本展開催に併せて刊行する写真集『MERRY-GO-ROUND』の装丁には、2016年発表の写真集『sprite』のブックデザインも手掛ける米山菜津子氏。
ハードカバーによる外装と手作業による加工が施された本文により構成され、1冊1冊が貴重なものとなります。
300部限定の発行となり、本展で先行販売致します。


また新ブランドとして「FAIRY ORGAN (フェアリーオーガン)」を立ち上げ、会場では1点ものの限定Tシャツも販売致します。本ブランドはNYLAの写真家やペインターミュージシャンアーティストの友人が様々なプロジェクトに取り組んでいる姿をヒントに始動しました。
Tシャツは一点一点、手で染め、さらにロゴはシルクで刷られており、スペシャルなものになっています。
限定20点のお取り扱いとなりますので、ご希望の方はお急ぎください。

写真展準備段階の心情や過程は永瀬沙世のブログにて公開しておりますので、ぜひご一読ください。https://sayon.hatenablog.com
会期中にはInstagramでのストーリーライブなどの動画配信も予定しております。


【書籍販売】
永瀬沙世 写真集『MERRY-GO-ROUND』
仕様:ハードカバー

ページ:24ページ
サイズ:W315 x H218 mm
発行部数:300部
デザイン:米山菜津子
発行:YOMOGI BOOKS

<プロフィール>
永瀬沙世 | SAYO NAGASE 
東京をベースに活動するアーティスト、写真家、ヨモギブックス主催。現在まで10冊の写真集を制作。 そのうちパリを拠点とするストックホルムの「LIBRARYMAN社」から2冊出版される。 2018年に「Milky Way 天の川」を360°(神宮前)にて発表、同タイトルの写真集も発売。

本作「MERRY-GO-ROUND」はALでは3年ぶりの開催となる。
official website http://www.nagasesayo.com