2019-03-30

澤 寛 個展「Heavens of Light, Planet of Solitude -ある星、地上の孤独-」



紡がれた《今》の連続の先にある
未来という名のもう一つの《現実》を浮かび上がらせる
鋭利な視線、そして呼び醒まされるいつかの記憶

このたび、澤 寛 写真展「Heavens of Light, Planet of Solitude -ある星、地上の孤独- 」を AL にて開催致します。

 澤寛は昨年「Rapture」を同ギャラリーで発表、同名の写真集を刊行し、京都大学・吉田寮を撮影した作品「Polish」をAL(東京)と京都・旧立誠小学校内立誠図書館壁面にて展示するなど、精力的に活動を続けています。

本展では、澤寛が近年撮りためたスナップ数千点の中からセレクションした作品を展示します。
東京の街並みや海外の風景、ポートレートや建築物が抽象画のようなカットとして本作品群に収められています。
それはまるで異なる人物が撮影したかのような多面的な表情を見せ、視界に一瞬映った違和感を逃すことなく本能的に捉えることで、実像と虚像、その場に在る過去と未来の気配を浮かび上がらせます。
そして澤寛の鋭利な視線により紡がれた《今》の連続は、
いつか起こりうる未来という名のもう一つの《現実》を私たちに想起させるのです。

澤寛が幼少期に見た「光」から紡がれる物語、
「変わりゆく景色のなかに世界を見た」かのように切り取られた一瞬と風景が立ち並ぶ展示は、
鑑賞者自身のいつかの記憶と重なり、さまざまな感覚と対峙する空間となることでしょう。
本展開催に併せ、同名の写真集も刊行致します。
この機会にぜひご高覧ください。

---

We are pleased to announce that Kan Sawa’s photography exhibition “Heavens of Light, Planet of Solitude” will be held at AL, Tokyo.

Sawa has been actively pursuing his passion for photography since last year - he exhibited his “Rapture” series at AL and published a photobook under the same title, while he also made a documentary on the Yoshida Dormitory in Kyoto University which may cease to exist in the near future. The photo series on the dormitory entitled “Polish” was exhibited on the walls of Rissei Library, inside the former Rissei Elementary School in Kyoto.

For his upcoming exhibition, Sawa will be presenting us approximately 300 pieces of photographs installed in specimen boxes, selected from a few thousand. Streetscapes of Tokyo, landscapes from around the world, portraits, architecture photographs, abstract paintings-like images - all types of works in this exhibition are completely different in character, as if they were taken by different photographers. Indeed, all of them were captured instinctively by Sawa, reacting to whenever he had a feeling of strangeness towards the subject. His images, whether real or imaginary, illuminate a glimpse of the past and future of each place. Sawa’s incisive perspective reveals a continuing present and reminds us of an alternate reality that may become our future.


Like how Sawa saw the world through its ever-changing sceneries when he was a child, the moments and sceneries captured instinctively by Sawa may connect with the viewers’ own memories from the past and trigger them to reflect on their feelings. A photobook will be published together under the same title to accompany the exhibition.

Kan Sawa, Untitled from the series of Heavens of Light, Planet of Solitude  © Kan Sawa 2019 


澤 寛 / sawa kan Heavens of Light, Planet of Solitude -ある星、地上の孤独-
会期:2019年5月10日[金] - 19日[日]
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:00〜19:00 会期中無休 入場無料
電話:03-5722-9799

--

Kan Sawa’s photography exhibition “Heavens of Light, Planet of Solitude”
Dates : May 10 (Fri) - May 19 (Sun) open 12pm - close 19pm
Venue : AL 
www.al-tokyo.jp
Address : 3-7-17 1Fmain space, Ebisu-minami, Shibuya-ku, Tokyo, JAPAN
Admission fee is free
Tel : 03-5722-9799


・会期中イベント・
【オープニングレセプション】 
2019年5月10日(金)18:00 - 21:00
 ギャラリートーク 】 2019年5月12日(日)19:00 - 20:00
登壇者:澤 寛、鷹野 隆大(写真家)

参加費無料、要事前予約

【事前予約】
件名に 「澤 寛 × 鷹野隆大トークイベント」を記載し、
お名前、連絡のつきやすい御連絡先(携帯番号など)、複数の場合はご同伴者様を明記の上 yoyaku@al-tokyo.jp までメールにてお申し込みください。7追って確認のメールを返信致します。
※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
※携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。

※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。

---
[EVENT]
Opening reception : May 10 (Fri) 6pm - 9pm
Gallery talk : May 12 (Sun) 7pm - 8pm
Speakers : Kan Sawa, Ryudai Takano (photographer)
Admission fee is free but This event is r
eservation system.
Please let us know your name and telephone number and also number of 
participants for this e-mail address.(yoyaku@al-tokyo.jp)

・写真集
『Heavens of Light, Planet of Solitude -ある星、地上の孤独-』
B6判変形/404ページ/ハードカバー/ケース入り
発売日 : 2019年5月10日/限定300部
ISBN978-4-908062-27-8 C0072
著者: 澤 寛
ブックデザイン : 原  耕一、七郎(trout)
発行元:澤 寛
発売元  : HeHe  ( www.hehepress.com )
印刷所 : ライブアートブックス  製本所:博勝堂
予価:12,000 円+税

--
Sawa has been actively pursuing his passion for photography since 2018 - he exhibited his “Rapture” series at AL, Tokyo and published a photobook under the same title in the same year, while he also made a documentary on the Yoshida Dormitory in Kyoto University which may cease to exist in the near future. The photo series on the dormitory entitled “Polish” was exhibited on the walls of Rissei Library, inside the former Rissei Elementary School in Kyoto.
His upcoming publication will include a variety of works including streetscapes of Tokyo, landscapes from around the world, portraits, architecture photographs, and abstract paintings-like images - all types of works are completely different in character, as if they were taken by different photographers. Indeed, all of them were captured instinctively by Sawa, reacting to whenever he had a feeling of strangeness towards the subject. His images, whether real or imaginary, illuminate a glimpse of the past and future of each place. Sawa’s incisive perspective reveals a continuing present and reminds us of an alternate reality that may become our future. Like how Sawa saw the world through its ever-changing sceneries when he was a child, the moments and sceneries captured instinctively by Sawa may connect with the viewers’ own memories from the past and trigger them to reflect on their feelings.

Publication
Title:
Heavens of Light, Planet of Solitude
Photographs and texts: Kan Sawa
Art direction and design: Koichi Hara / Hichiro (trout)
Cooperation: Ayumi Kawasaki / Sayaka Sameshima
Price:  12,000 yen (excl. VAT)
Size: B6 / 404 pages / Hardcover / with case
Languages: Japanese / English
Edition: 300


・・・・・・・・・

光は138億年前に放たれた。
そして46億年前に放たれた光にぶつかることで輝きを続け
世界はその光でつくられてきた。

世界は虚像であった。
ただそこに在ればよかったのだ。
しかし、光に捕まり実像をなす。

人はその光を身体に通し
世界を眼に映すことで現実を疑い
ついにはその光さえも疑い
眼に映らぬ空想さえも否定し
世界を覆そうと自ら光を作り始めた。

その光が空を濁らせ
濁った空が私の心を蝕み
眠りを忘れた私には世界が架空のものに映っている。

それでも、私は世界を信じた。
この世界の未来を探しに出かけたのだ。
── 澤 寛

--

Light was emitted 138 billion years ago.
Striking a 46-billion-year-old ray, it gleamed on to create this
world.
A void of a world that was simply there,
but once caught in the light it became a real image.
People let that light pass through them, questioned the world
before their eyes, even came to doubt the light and deny all
unseen imaginings, then started to make their own light to
cover the world.
As that light leaks out across the heavens, the tainted sky
erodes my mind, making the world look imaginary to my
sleepless eyes.
Yet even so, I believed it.
This world has set out in search of the future

── Kan Sawa
・・・・・・・・・
 
作家プロフィール | 澤 寛 KAN SAWA
1984年神奈川県生まれ。美術大学在学中より映画製作の現場に携わり、2018年より澤寛名義にて写真家として活動を開始。同年、写真作品「Rapture」の発表、NHK ドラマ 『ワンダーウォール』のビジュアルディレクターとしてスチールを撮り下ろし、写真集『ワンダーウォール』を出版。京都大学吉田寮を撮り下ろした「POLISH」をAL ( 東京 )、京都旧立誠小学校内立誠図書館壁面にて発表。2019年4月12日より5月12日までhaku  ( 京都 ) にて開催中のKYOTOGRAPHIEサテライトイベント KG+では写真作品「Rapture」を出展するなど精力的に写真家としての活動を続けている。
澤田石和寛名義では映画『るろうに剣心』シリーズやau KDDI TVCM 三太郎シリーズのキャラクターデザインで知られ、映画『十三人の刺客』( 2006年 )、映画『パンク侍、斬られて候』( 2018年 ) にてアジアンフィルムアワード ベストコスチュームデザイナーに二度ノミネートされている。


Profile | Kan Sawa
Born 1984 in Kanagawa, Japan, Kan Sawa started to work in the movie production industry since he was an art university student and began working as a photographer in 2018 under his current artist name, publishing his first photography series named “Rapture”. In the same year, he also worked as the visual director for NHK’s drama series “Wonderwall”. While he was responsible for taking all the still shots for the drama, he published a photo book under the same title. Sawa also photographed the Yoshida Dormitory in Kyoto University and exhibited the series at AL, Tokyo and on the walls of Rissei Library, inside the former Rissei Elementary School in Kyoto. Actively pursuing his passion for photography, Sawa is currently showing his “Rapture” series at haku, Kyoto from April 12 to May 12th, 2019, as a KG+ Kyotographie satellite event.

Kan Sawa is also known for his other name Kazuhiro Sawataishi, involving with the character design of the film series “Rurouni Kenshin” and the television commercial series “Santaro” by au KDDI. He was nominated twice for the Asian Film Awards for Best Costume Design with the movie “13 Assassins” (2006) and “Punk Samurai Slash Down” (2018).





2019-03-25

中川ワニ珈琲教室 5月「淹れなそん 飲んでとく2」


初夏の風が吹き始める頃中川ワニ珈琲の焙煎は
夏味にゆっくり変化していきます。

さて、5月のワニ珈琲教室です。
"淹れなそん 飲んでとく"と今年はテーマに
2回目の会を開催いたします。



誰だっておいしい珈琲が淹れたいし、飲みたいものです。
やっぱり、家で楽しむ珈琲が1番よ!と
大きな声で叫びたい。

雑誌STORY5月号に教室の様子が
紹介されましたがほんとに
基礎をしっかり身につけて淹れないとそん
自分の好きな味を知って飲んでとく

学べばわかるその謎を
おいしいお菓子とともに
ぜひ楽しんでくださいませ

皆様にお会いできるのを
楽しみにしております。

開催日

5月11日(土)
昼 
11:00~14:00
夜 
16:00~19:00

レッスン内容 

コーヒーを淹れて楽しんで飲む会

持ち物
筆記用具 珈琲を淹れる道具はこちらでご用意しております。
 もし、普段使い慣れたポットやドリッパーが良ければそれをお持ち頂きお使い下さいませ。

≪定員≫
各10名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。

参加費 
4,000(税込)
当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


■珈琲豆予約販売

当日参加される方に限り珈琲豆を予約販売致します。

豆は200g :1,300円(税込)です。 購入希望の方はお申込みの際に希望数量を明記してください。 当日、参加費とは別に現金のご準備をお願い致します。



≪お申込み≫


件名に「中川ワニの珈琲教室5月 」と必ず記載し、
ご希望の時間帯 (昼11:00~/夜16:00~のどちらか)、
お名前、連絡のつきやすい御連絡先(携帯番号など)を明記の上 


yoyaku@al-tokyo.jp までメールにてお申し込みください。 追って確認のメールを致します。


※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。


※携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。 申込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。


PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 予約の可否に関わらずメールの返信はしておりますので 、3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合は、 お手数ですがお電話にて確認ください。


eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。 ※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。 ※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。 ※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。



≪場所≫
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-5722-9799
http://www.al-tokyo.jp accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、アイマークゲートビル(1F ファミリーマート)の真裏です。
※駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。





2019-03-22

曄田依子 個展「犬の系図」

©Yoriko Youda

曄田依子 「犬の系図」
会期:2019年4月26日 [ 金 ] ‐ 5月8日 [ 水 ]
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:0019:00(最終日のみ〜18:00)会期中無休
電話:03-5722-9799


・会期中イベント・
 ギャラリートーク 

ギャラリートーク開催 : 2019年4月26日(金)18:3019:00
作品解説=曄田依子 聞き手=かっぴー(漫画家)
「犬の系図」とは、曄田氏が一貫して追い求めているテーマです。描かれているのは、まるで獅子のような犬たち「獅子狛犬」。おもに透明水彩を用いて描かれるグラデーション豊かで繊細な愛情を感じる曄田氏の絵は、どれも伝統文様などと混交され、ミックスカルチャーによるズレや違和感の面白さが浮き立っています。「古代、信仰のため日本に呼ばれ、獅子から犬へと転じた狛犬に、愛玩犬の歴史や、それがぴったりと寄り添い続けてきた人の歴史との相関を見続けている」という彼女。犬を描きながら人間の本質を照射しようとする揺るぎないスタンスが表現されているのです。

定期的に作品シリーズを発表し、国内外のアートフェアやグループ展で高い評価を受ける一方で、書籍装画を多く手がけ童話の自著も上梓するなど、ユニークな応用美術的アクティビティも展開中。その他、自己テーマと絵画の特質を活かし住吉大社へ獅子舞頭の意匠を奉納するなど、アートのソーシャルなあり方にも目を向けています。
本展は、曄田氏にとって東京では4年ぶりとなる本格的な新作展です。人間たちの鏡のようになって文化の血脈を表す犬への愛と、その過去の歴史への敬意がタイトルに込められています。また、本展のサブテーマとして据えられているのは「変身、変化」。改元のタイミングにあたり、海外からも称賛されている曄田流の獅子狛にまた変化を与えて拡張させ、「『祈り』の裏側や死生観、ハレとケ、常世と現世、祈りと呪いなどを描くことに挑戦したい」と言います。大小の絵画作品、約25点を展示・販売いたします。また、オリジナルスカーフやクッションカバー、ポーチ、ダルマなどの関連商品も合わせて紹介・販売いたします。


プロフィール | 曄田依子(ようだよりこ)画家 / イラストレーター
1980年、愛媛県生まれ。東京都在住。武蔵野美術大学油絵科卒業後、和紙に水彩、金泥や墨などを用いたミクストメディア作品を創作。日本を基としたアジアの伝統文化と現代の価値観との結び目をテーマとし国内外で活動中。2014年に個展「犬の系図」(GALLERY SPEAK FOR)を開催した。書籍装画も数多く手がける。漫画「左ききのエレン」 (原作・かっぴー、漫画・nifuni 、ジャンプコミックス)に劇中画を提供。著書に「繕い屋の娘カヤ」(岩崎書店)がある。住吉大社御祓講獅子意匠預。
http://yoriquo.com

【企画・主催】
GALLERY SPEAK FOR
http://galleryspeakfor.com/

2019-03-21

Nico Perez 写真展「Chasing Blue」


Nico Perez写真展「Chasing Blue」を開催致します。
本作は少女と青い風船のとある
1日を切り取ったシリーズとなります。
会場では作品のプリント販売もおこないます。
ぜひご高覧ください。

‘Chasing Blue’ is a solo exhibition by Nico Perez,
the photo series captures a day in the life of a girl & her blue balloon.


©Nico Perez


Nico Perez 写真展 Chasing Blue
会期:2019年4月18日 [ 木 ] ‐ 4月24日 [ 水 ]
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:0019:00 会期中無休入場無料
電話:03-5722-9799


プロフィール | ニコ・ペレズ
1986年スペイン、マラガ生まれ。 イギリス、ロンドン育ち。 2009年から東京を拠点として活動開始。
Momentary」(AL、東京、2015年)、「Stills from life」(AL、東京、2016年)、「Kingsland road」(オープンワークスペース、東京、2018年)の展覧会を開催。 写真集に『Momentary』(2015年)。

PROFILE | Nico Perez
Born 1986, in Malaga, Spain. Raised in London, England. Based in Tokyo, Japan since 2009. 
Exhibitions include “Momentary” (AL, Tokyo,2015), “Stills from life” (AL, TOKYO, 2016), “Kingsland road” (Open workspace, Tokyo, 2018).
Book “Momentary”, 2015.

Instagram @n_perez_

2019-03-20

塚本サイコ 《オーガニックな「在り方」ワーク&ライフ デザイン講座》


塚本サイコ
ワークもライフも分け隔てなく
職<食>住の価値観を一致させ
気の澄むよう 生きる
whole_living_design

オーガニックな「在り方」ワーク&ライフ 
デザイン講座  
水曜/夜クラス 開講



表参道/香港ホームメイドスイーツ&薬膳カフェ『DESSRT COMPANY』、渋谷/オーガニックカフェ『daylight kitchen』など、伝説のカフェを手がけてきた塚本サイコ。
ミュージシャンでもあり、20年余、渋谷でカフェを通じてミニマルな循環する社会モデルを考え実践し続けた経験を、より多くの必要とする人たちにシェアする講座を開設します。

カフェや食を通じた商いをしたい人、してる人はもちろん、スモール&グリーンビジネス、社会起業・女性起業・地域起業などに興味がある人、既にフリーランスや個人事業主でのキャリアの持ち主、そして、自身の軸を携え自立し自由なマインドを手に入れたいと願う、どのような方にもボーダレスに響くエッセンスが散りばめられています。

「都市でのカフェ経営を経て、現在標高450Mを超える山中にて暮らしています。
そんな究極的な環境からおのずと導き出されたことは『大いなる自然に生かされた私たちはもっと可能性を感じていいんだ!』といったマインドでした。
そして今度は
そんなマインドへ扉を開くまでのアンテナを育てること、心の眼鏡を掛けかえておのずからの「在り方」を導き出すプロセスに寄り添い、架け橋になることができるのではないか?と、氣づいたのです。
これまでの背景と歩み、ならではの学びを惜しみなくお伝えし、それぞれが『氣の澄む生き方在り方』のデザインを自由に施す喜びを、ともに喜びたいと思っています。
必要な方に届くことを願っています。」

塚本サイコ


講座の内容詳細/お申し込み方法

ONE DAYセミナー&レッスン】
テーマ;まず、在り方からはじめましょう!

SaikoTsukamoto whole_living_design
ブログ記事はコチラ
FBイベントページはコチラ

【開催日時】
20181212日 水曜日
2019116日   水曜日 ※両日同じ内容です
19:00-21:30

【レッスン代】
5,000円(税込)
晩御飯とお飲物、食卓を囲む豊かな時間とともに
◎今日からすぐにでも!おはようからおやすみまでに取り入れられるオーガニックな「在り方」レッスン
手引書を差し上げています。

【お申し込み方法】
宛にメールにて。
お名前様、連絡先(携帯番号等)を記載の上、お送りくださいませ。
折り返しお返事をさせて頂きます。
ONE DAYセミナー&レッスンは当日現金でのお支払いでお願いしております。お料理の食材準備などが御座いますので、キャンセルのご意向は出来るだけ早くお知らせ頂けますようお願いしております。



【「在り方」ビジネス・ワーク&ライフ デザイン講座/四回連続本講座】 
テーマ;「在り方」が経済を支えるデザインを導き出しましょう!

Peatixイベントページはコチラ
SaikoTsukamoto whole_living_design
ブログ記事はコチラ

【開催日時】
全四回 水曜日/19:00-22:00
2019
123日 テーマ;ヴィジョン&コンセプトから導き出すあなたの「使命」
227日 テーマ;立ち居振る舞いとコミュニケーション「在り方」マーケティング論
313日 テーマ;最小限にて最大限を成す お金と時間「在り方」マネタイズ
327日 マイプロジェクト発表会
※①②③は単発受講も可能です。(受講料が異なります)

【講座受講費用】
全四回;60,000円(税込)
各回に食卓を囲む時間が在り、その費用も含まれます。
デイライトキッチン卒業生である料理家による 晩御飯 がしつらえられます。

【お申し込み】
Peatixでの事前決済をお願い致します。

※単発受講希望の場合もPeatixにて事前決済をお願い致します。

<キャンセルポリシー>
※一度収めていただいた受講料はいかなる理由においてもお返しすることができません。
※止むを得ず、こちらの都合もしくは天候等で休講とさせて頂く場合は、代行日程をご提示致します。



<各種お問い合わせ>
elemental life & society

【会場】
AL  2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿3-7-17

塚本サイコ
株式会社elemental life & society代表/食の活動家/音楽家
東京生まれ、国立音楽大学卒。音楽家としての活動と並行し、都内、主に渋谷区内にてカフェやデザートショップなどを展開。現在はOrganic & Natural, Farm to Tableを掲げた社員食堂の導入を企業とともに取り組んでいる。働く人のWell-beingに作用する人開発プログラム「マインドフルカフェ」、オーガニックな在り方を主軸に据えた「在り方」ビジネスやワーク&ライフデザイン講座を行い、これからの時代の生き方、在り方を提案。藤野地域の陣馬山中に住む、一児の母。