2013-06-03

奥田ここの料理教室 「和食の基本」 6月 築地で材料仕入れから


今回はお料理教室だけでなく、皆様に仕入れを体験していただきます。
先生とともに築地で材料を調達したあと、戦利品を教室に持ち帰り魚料理を作ります。

いつもの和食が確実にグレードアップすると大好評の「和食の基本」。
築地で仕入れた新鮮で上質な旬の食材を使って、野菜の下処理、魚の下ろし方、だしの取り方など知っているつもりの基本を、
江戸懐石を習得した奥田ここ先生に、イチから徹底的に学ぶレッスンです。


■日時■
6/22(土) ※只今両教室ともキャンセル待ちとなっております
 築地体験+お料理教室:8001500 
お料理教室のみ    12001500


■築地体験内容■
・お教室で使う材料の調達
お持ち帰りもできるマグロの柵、タコなどのお買いもの
先生御用達のお店(秋山商店ほか)で昆布や鰹節、海苔などのお買いもの
・先生行きつけの珈琲店 愛養にて解散
  先生から場内・場外のおすすめグルメなどのご紹介をいたします!

※ご自身でお持ち帰りいただけるお買い物もできますので、保冷袋などは各自ご持参ください。
※9:30に築地にて一時解散しますので、お教室へは12:00までに各自お越しください。
※場内はターレットトラックなどが行きかい、大変危険です。
 ご自身の安全をご自身にて管理していただける方のみご参加ください。
築地場内では怪我や汚れる場合もありますので汚れてもいい服装、靴にてお越しください。
  ビーチサンダルなど、足が出ている靴は危険ですのでお控えください。


■献立■
・カレイの煮つけ
魚の煮付けの定番、カレイをふっくらと煮付けます。

壬生菜と生ゆばのあえもの
壬生菜にとろりとした生ゆばをまとわせたあえものです。

・枝豆めし
風味豊かな枝豆ごはん、枝豆の下処理も。

・納豆汁
江戸の文献にも登場する納豆汁は簡単美味しい汁物です。

※見学+実習の混合スタイルです。1回のレッスンは約3時間強を目安にしておりますが
 進行度合いにより予定時間を超えることがございます。予めご了承ください。
※一部献立は事前に用意をしたものを使用し、デモンストレーションと実習を行います。
※レッスンの最後には皆さんで楽しく試食会をいたしましょう。試食は1食分相当をご用意します。


■参加費■
6,000円(税込・材料費込)
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


■定員■
 築地体験+お料理教室:5名
お料理教室のみ    :5名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます
※催行人員に満たない場合は中止となることもございます。


■持ち物■
エプロン・タオル・筆記具
※築地体験に参加される方は保冷袋をご持参ください。服装なども上記注意をご一読ください。


■講師 : 奥田ここ
外資系コンサルティング会社に勤めるかたわら懐石料理を学び、またイタリアでの滞在を通して家庭料理の手ほどきも受ける。
築地市場を「師」と仰ぎ、現在は旬の食材を中心にした「和食」及び「イタリア料理」の料理教室を主宰するほか、出張教室や屋外での青空教室、外国の方の参加など、個別の要望にも応じた教室開催もしている。
その他、食材産地での取材や食に関する様々な話題の企画・執筆にも取り組むほか、ホームパーティーなど小規模なケータリング料理の提供も行っている。
趣味は世界各地の市場めぐり・茶道(裏千家)・サッカー・大相撲観戦・写真。素材の味を大切にし、無駄なく使いきる献立作りを心掛けている。


■お申し込み方法■
件名に「和食の基本6月」と明記の上、築地体験をご希望する/しないを明記の上、
お名前、連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから確認の返信メールを致します。

※お申し込みの確認メールは土・日・祝祭日を除く、平日のみ、手動での返信となります。一両日中を目安にしておりますが、多少お時間がかかることもございますことを予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時は電話でも承ります。
eメールは、今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。
※携帯電話からの場合はpcからのメール受信をできるよう、ご確認の上送信下さい。


■会場■
AL 2F kitchen studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 2F
03-5722-9799
www.al-tokyo.jp
※代官山駅より徒歩5分、デジタルゲートビルの真裏です


■主催■
奥田ここ