2016-06-04

福田直樹 写真展 「パンチを予見する男 ―渡米15年の軌跡―」



UNDISPUTED CHAMPION(絶対王者)」
世界で最も権威のあるボクシング専門誌『リング・マガジン』において特集が組まれ、
そう紹介された日本人をご存知だろうか。
世界中のボクシングファンと関係者から称賛を浴びるカメラマン福田直樹である。
全米記者協会が主催する世界的フォトコンテストにおいて、初エントリーから6年連続で入賞。
4度が最優秀写真賞と言う快挙を成し遂げた、名実共に世界一と言われる男だ。
リング上での激闘をまるで瞬間冷凍したかのようにカッティングする技術はまさに圧巻だ。
その並ぶものない驚異的なボクシング愛と卓越した眼によって生み出された、彼の写真1枚、1枚からは
飛び散る汗や鮮血、ゆがむ筋肉らと共に選手のアドレナリンや脳天を突き抜けそうな刺激的な匂いまでが感じられる。
1/1000秒の世界を見事に支配し、まったくブレのない構図で創造されるその作品に触れることで、
ボクシングという芸術を体感していただきたい。

“パンチを予見する男” 福田直樹写真展~渡米15年の軌跡~
■期間:723日(土)~731日(日)会期中無休
      OPEN 12:00-19:00 入場無料

■会場:AL1F Main Space 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
TEL
03-5722-9799
www.al-tokyo.jp/
■オープニングレセプション
7
22() 17:0020:00
■トークイベント
7
26()19:0020:00 (18:30受付開始・申込み不要)
福田直樹 × 飯田覚士(元WBA世界スーパーフライ級王者)×高柳謙一(エキサイトマッチ担当アナウンサー)
※当日会場でのお申込みを承っております。お気軽にご参加ください
CHAMPION フォトTシャツ 各4,000円(税込)
※福田直樹が捉えた決定的瞬間をTシャツに!

福田直樹/Naoki Fukuda
東京都台東区出身。ボクシングカメラマン。2001年にラスベガスへ移住し、全米各地で年間約400試合を撮影。パンチのインパクト、決定的瞬間をとらえる能力において並ぶものはなく、本場で極めて高い評価を受け続ける。2008年には世界で最も権威がある米国の専門誌『リング・マガジン』にスカウトされ、同誌のメイン・カメラマンを8年間勤めた。2012年のWBC(世界ボクシング評議会)フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーにも選出されている。

 主催:BOXINGTIMES  http://boxing-times.com/
 協力:WOWOWREYESDaisuke GenmaDRUMCAN Inc.CLS

展覧会の内容についてのお問い合わせ先
BOXINGTIMES 03-5942-4677