2016-08-02

HOPE AND LOVE GALLERY  





パリでも大人気のチャリティイベント Hope and Love が今年は代官山へやってきます!
中心となるヒルサイドテラスのサテライト会場としてAL も参加し、
人気作家のアート作品や写真を展示販売、アートで熊本と東北の被災地を応援します。
普段は手の届かない作家作品をチャリティ価格で手に入れるチャンス!
皆様でぜひお越しください。

HOPE AND LOVE GALLERY

■ 期間 : 8月6日(土) 11:00 - 20:00   
    8月7日(日) 11:00 - 19:00

■ 会場 : AL1F Main Space
    東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-572-9799     www.al-tokyo.jp/

   ※メイン会場の代官山ヒルサイドテラスではフリマやワークショップなども。


【参加アーティスト】
Antoine Kruk、Ayumi Togashi、Cecilia Carlstedt、Emmanuelle Mafille、Fantasista Utamaro、Fujiyoshi Brothers、GEORGE HAYASHI、Liselotte Watkins、Ly、Nawel、Niky Roehreke、
Philippe Weisbecker、przemek sobocki、Sasha Prood、Sayori Wada、Stina Johnson、
Shun Kawakami、Takeru Amano、Tippan Nordén、TORI.、Yoshirotten、yoshi47、
飯嶋久美子、エドツワキ、河原シンスケ、谷口唯衣(tremplapin)、千原徹也、田辺ヒロシ、平野傑、金谷裕子、ミック・イタヤ、北山雅和、キム・ソンヘ、sal、Phaseworks、鳥居洋介、U-SKE、Aito Kitazaki、下田昌克、武田晢、 他(敬称略、順不同、7月27日現在)

※参加アーティストは7月27日現在、まだ追加予定です。決定次第、追加して参ります。
※チャリティイベントのため、参加アーティストは当日変更となる場合があります。


【Hope and Love 団体紹介】
2011年春にパリ在住のファッションコーディネーターやスタイリスト等、主にファッションの仕事に従事する日本人女性達がHope and Love for Japan を立ち上げて以来、主にパリと東京でのチャリティイベントを通じて義援金を地震などの天災の被災地にお送りする活動を続けている。イベントを通して日本の現状をフランスの人々にも伝えながら、刻々と変わる被災地のニーズに合わせて、支援金の送り先を決定している。炊き出しの経費、ガイガーカウンター、木造仮設住宅、子供達の楽器の修理費、桜ライン311、メッセージ3.11、ふんばろう東日本支援プロジェクト(ミシンでお仕事プロジェクト、物作りプロジェクト、学習支援プロジェクト)ORTO DEI SOGNI、沖縄・球美の里、一般社団法人 みやぎびっきの会、未来の福島こども基金、みちのく未来基金など。現在の運営メンバーは約30名。参加ボランティア数は延べ500人以上。代表は石坂紀子。http://hopeandloveparis.org/


H&Lイベント全体の詳細 : https://www.facebook.com/hopeandloveforjapan
お問い合わせ : tokyo@hopeandloveparis.org
主催:Hope and Love